2015.04.27  讀賣新聞 記事 『愛着ある家具をリメイク』

讀賣新聞

くらしの変化に合わせて、家具をリメイクしたい。
そんなご要望が最近特に増えてきたように思います。

その中でも多いのが、『座卓をダイニングテーブルに』というリメイク。

「お子様が小さいうちは座卓で暮らしていた」
「ご実家にある一枚板の座卓を利用したいが、座卓は必要ないので」
「ヒザが痛いので椅子の生活に変えたいが、思い入れのある天板なので何とか再利用したい」
等々リメイクされる背景は様々です。

奥行が足りなかったり、脚の付き方等、いくつか問題があるケースもありますが、
基本的にはご要望を叶えることは可能です。

お気軽にご相談下さい!

(2015年4月26日 社長ブログより)

*ブラウザのBACKボタンでお戻りください*